本文へ移動

保育園情報

インフルエンザ登園基準の見直し
2013-02-07
 最近抗ウイルス薬の普及により解熱が早くなる一方、ウイルスを排出する期間はほとんど変わらない為、感染力が残ったまま登園し、感染が拡大するケースが増えています。その為、文部科学省では、現行基準の「解熱後2日間」から「発症後5日を経過し、かつ解熱した後3日間」と見直すことを決め今年4月の導入を予定しています。そこで那覇市においても、今回の文部科学省の方針、また平成21年に厚生労働省よりされています「保育所における感染症対策ガイドライン」を参考に、平成24年4月1日よりインフルエンザ罹患に伴う登園基準をこれまでの「解熱後2日間」から「発症後5日を経過し、かつ解熱した後3日間」と見直すことと致します。
【那覇市こともみらい課より事務連絡書より抜粋】
日数の数え方は、その現象が現れた日は数えず、その翌日を一日とします。
?発症した後5日=症状(発熱等)がみられた日は数えず翌日が一日目とする。
同じく解熱した後三日=解熱した日を数えず翌日を一日目とし三日目まで休み

【改定版 ガイドライン 4ページ参照】
社会福祉法人 うるま福祉会
玉の子保育園
玉の子夜間保育園

〒900-0013
沖縄県那覇市牧志2丁目3番15号
TEL.098-867-3221
FAX.098-862-3930

  • 玉の子保育園
    定員100名(0歳児〜5歳児)
  • 玉の子夜間保育園
    定員20名(0歳児〜5歳児)

一時的保育事業(自主)
夜間保育事業
1
3
5
8
7
6
TOPへ戻る